ママの口コミを集めたおでかけ情報サイト「EPARKママこえ」

EPARKママこえは、ママの「 見っけ!」を集めたおでかけ口コミサイトです。

048-878-2882
  4.4
0-2歳  4.9
3-5歳  4.8
6歳~  3.6
1 1 1 S 2 B 2 5 3 8 3 8 2 8 1 2 2 9 1 1 1 9 1 1 3 1 J 2 J 1 7 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 3 i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i h h 2

はじめての動物園やじゃぶじゃぶ池デビュー、子どもの成長に寄り添う公園

さいたま市緑区にある大崎公園は、子どもが成長する中でママが「体験してほしい」と願うあそびの要素がギュッと詰まった公園です。赤ちゃんのはじめての芝生ピクニックや動物園デビュー、1~2歳になればブランコやすべり台、動物とのふれあい、3歳を過ぎれば大型遊具でたっぷり体を動かしたり、バッテリーカーを運転したり、じゃぶじゃぶ池で水遊びをしたりと、近隣公園では満たせない遊びがここにはあります!

公園の敷地は38,000平方メートルのほどよい大きさで、ひろい芝生広場、子供つり池、子供動物園、公園のシンボル花時計があります。春のお花見シーズンは400台の無料駐車場が満車になるほどにぎわい、夏には園内を流れるじゃぶじゃぶ池にたくさんの子連れ家族が訪れます。
子供動物園内のどうぶつひろば(モルモットやヤギ、アヒルのふれあいゾーン)は平日15:00まで開園しているので、幼稚園帰りのおともだちといっしょに立ち寄り、小動物と仲良くふれあっている姿が見られます。終了の時間になると、動物たちに「また来るよ!」と声をかけ、元気に帰っていくほほえましい姿も見られます。
また、芝生広場の横に2015年に新設された大型遊具、「森の冒険砦」では、3歳から6歳くらいの子どもたちが3本の曲がりくねったすべり台を何度もすべり、たっぷり体を使って遊んでいます。
オフシーズや平日はそれほど混雑していないため、親子のペースでゆっくりと過ごすことができ、子どもの興味関心が増えるたびに「大崎公園に行こうかな」と思わせてくれる、そんな公園です。


☆☆☆無料!子供動物園☆☆☆

大崎公園の子供動物園には、小動物や鳥、身近にすむカエルやヘビなど30種類以上の生き物が飼育されています。公園内の無料で入れる動物園ですが、子どもたちに人気のレッサーパンダやシカ、リス、カピバラも飼育され、なんといっても10種約80羽と充実した水鳥たちが放された池は、大人も癒される風景が広がります。

開園時間・・・10:00~16:00
休園日・・・毎週月曜日(月曜祝日の場合翌日)、年末年始 ※荒天時変更あり

~大崎公園にいる動物たち~
【小動物】
レッサーパンダ、アメリカアカリス、ヒツジ、ニホンジカ、カピバラ、ヤギ、モルモット
【鳥類】
バリケン、ニワトリ、アヒル、ガチョウ、キンケイ、クジャクバト、ゴイサギ、インドクジャク、マナヅル、フクロウ、トビ
アカツクシガモ、ハイイロガン、フラミンゴ、ハワイガン、ツクシガモ、アオハクガン、アカハシハジロ、カナダガン
【両生類、爬虫類等】
ニホンアマガエル、アオダイショウ、ニホンカナヘビ、アズマヒキガエル、ミナミメダカ


☆☆☆どうぶつひろばのふれあい体験☆☆☆

子供動物園の中でいちばんにぎわっているのが、どうぶつひろばです。
ヤギ、モルモット、アヒル、バリケン、ガチョウ、ニワトリが放された場所に自由に入ることができ、間近で観察したり、手を伸ばして触れてみる事もできます。
さらに、どうぶつひろばの中にある「モルモットのへや」は子どもだけが入れる特別なお部屋です。うさぎサイズのモルモットがたくさん箱の上にいて、そっとなでてみたり、ふーっと息をふきかけてみたり、うんちをする姿を観察したり、勇気を出してモルモットを抱え、箱から箱へ移動させてみたり、たっぷりモルモットとふれあいができます。
飼育員さんがまるでモルモット先生のようにいろいろ教えてくれるので、おはなしも楽しみながらドキドキのふれあい体験ができるお部屋です。

●どうぶつひろば●
夏期間(3月21日~11月30日)
[午前] 土・日・祝(火・水・木)・・・10:30(11:00)~12:00
[午後] 13:30~15:00
冬期間(12月1日~3月20日)
[午前] 土・日・祝のみ・・・11:00~12:00
[午後] 13:30~14:30
※毎週金曜日はお休みです。
※天候などの理由で、中止や時間を短縮する場合があります。


☆☆☆身近な生き物を観察☆☆☆

子供動物園のなかの「日本の生き物ゾーン」は、ただアマガエルやヘビが展示されているだけではありません。園内で見つかった生き物の卵を展示し、その孵化の様子が観察できるよう工夫されています。
たとえば、「カエルの卵」→「卵からかえったおたまじゃくし」→「足の生え始めたおたまじゃくし(ほぼカエル!)」が順番にケースに並べられ、『○月○日に園内の釣り池で発見された卵が、○月○日に孵化しました』という飼育員さんの観察記録も添えられています。カエルのほかにも、カタツムリの卵やカマキリの卵も孵化させているようで、子どもたちが何度も様子を見に行きたくなる工夫がされています。

日本の生き物ゾーンの横は「バッタのはらっぱ」と名付けられ、ロープで仕切られた草むらがあります。生き物が暮らしやすいように、落ち葉や草がそのまま手を加えられずに置かれているエリアです。そのとなりにはトンボやメダカたちのための池も作られています。
むかしは当たり前だったはらっぱや水辺を、人工的に作らなければいけない現代に少し残念な気もしますが、ここで育った生き物や虫たちはきっときれいな緑色をして、透き通った羽を持ち、いきいきと跳ねたり飛んだりするのだろうな、と想像させてくれる場所でした。


☆☆☆子どもに体験させたい遊び☆☆☆

【バッテリーカー】
遊園地で子どもたちに人気アトラクション、バッテリーカーがこの大崎公園で遊べます!アンパンマンやドキンちゃんのバッテリーカー、バイクの形のバッテリーカーがあります。

開催日時・・・土日祝祭日の10:00~15:30
利用料金・・・100円または200円/1回
※3歳以下のお子さんは保護者同伴でご利用ください。
※バッテリー充電のため、12:30~13:30まで休むことがあります。

【じゃぶじゃぶ池(夏期限定)】
園内中央を流れる岩で囲まれたじゃぶじゃぶ池は、夏になるとたくさんの子どもで溢れます。岩山から流れ落ちた水は園内を流れ、ゆるやかに釣り池に流れます。幅広になった浅瀬のエリアでは幼児も足を入れて楽しめます。園内には高い木々が生い茂っているので、木陰になる部分もあるのがうれしいですね。
オムツがとれていない子はじゃぶじゃぶ池には入れませんのでご注意ください。お兄さんお姉さんになるまでは少しだけ我慢!ママといっしょに水に足をいれて水の感触をたのしみましょう♪
オープン時期などは大崎公園までお問い合わせください。


♪0~2歳のお子さんのママへ♪
~はじめての動物園~
赤ちゃんが外の世界に興味を示すと、ママが連れて行きたくなる場所のひとつが動物園です。先輩ママの口コミを見ると、「連れて行ってよかった!」「子どもが反応した!」など喜びの感想がある反面、大きな動物園となると「人が多くてあまり見えなかった」「途中で寝ちゃった」という声も聞きます。はじめての動物園はあまり混雑せず、赤ちゃんもママもゆっくり動物を眺められる小さな動物園がおすすめです。もし赤ちゃんが気に入ってくれたら、無料の動物園なので何度も連れて行ってあげてください!


♪3~5歳のお子さんのママへ♪
~はじめてのふれあい~
小動物のふれあいはお子さんの大好きなイベントですよね。動物の息づかい、ぬくもり、毛の感触を肌で感じる事はとても大きな経験になります。大崎公園の子供動物園では子ども限定入場の「モルモットのへや」があります。動かない小さなモルモットすら怖くて手も出せない子に、「こうするんだよ」と言わんばかりにひょいっとモルモットを持ち上げるお兄さん、それを見て真似しようとチャレンジする小さな子どもと、子どもたちだけの空間だからこそのやり取りに、外から眺めているママたちはドキドキしながらも、わが子の新たな一面を発見して嬉しい気持ちでいっぱいです。


♪6歳以上のお子さんのママへ♪
~身近な自然やいのちの誕生を学ぶ~
「日本の生き物ゾーン」は、まるで小学校の自由研究のような場所です。男の子は虫の観察が大好きですし、女の子も虫は苦手でも卵や孵化したばかりの赤ちゃんの虫には興味津々な子も多いでしょう。
無料で自由に出入りができる公園内の場所で、自分で発見することが難しい生き物たちが飼育され、そして生物の先生のような飼育員さんもいる素敵な場所です。行くたびに昆虫や爬虫類の成長や変化を楽しめる場所ですね。自然の生き物に触れ、学べる場所として、子どもの成長につながる公園だと感じます。



【ベビーカー入場可・ベビーカー置き場】
駐車場や正門(芝生広場側)から園内をめぐる舗装された遊歩道があり、ゆるいスロープになっているので、ベビーカーでの移動がスムーズです。ところどころ、狭い道があるので注意が必要です。
子供動物園内中はレッサーパンダ舎前に段差があり、奥には道幅のせまいところがあるのでベビーカーでの移動は少々大変なところもあります。子供動物園内のどうぶつひろばへはベビーカー入場できませんので、ひろば前にある専用ベビーカー置き場をご利用ください。

【オムツ交換室】
園内には、「子供動物園内」「バッテリーカー付近」「芝生広場横」の3か所にトイレがありますが、オムツ交換台の付いた身障者用トイレは「バッテリーカー付近」のトイレのみになります。
トイレは古く薄暗いのですが、オムツ交換台は新しく取り付けられたものです。公園利用マナーですが、オムツゴミはご自身でお持ち帰りいただくようになっています。

【駐車場あり・駐車場無料】
普通車400台が停められる広い無料駐車場(未舗装)があります。休日や、お花見行楽シーズンなどは混雑するので早めの時間に来園したほうが良いでしょう。
駐車場は終日解放ではなく、時期により閉門時間があります。(2017年4月~2017年10月14日は8:30~19:00)利用時間にご注意ください。

大崎公園の口コミ

スポット基本情報

スポット名 大崎公園
ジャンル おでかけ、公園
TEL
048-878-2882(代表番号)
住所 埼玉県さいたま市緑区大崎3170-1
 
交通手段

電車アクセス

JR東北本線 / 浦和駅 バス約20分 JR武蔵野線 / 東川口駅 バス約10分

車アクセス

東北自動車道浦和ICより車で5分
高速道路下車後、国道463号線をさいたま市街地方面に進み、県立浦和特別支援学校の看板がある交差点で右折します。直進すると道の左手に大崎公園、右手に駐車場があります。
営業時間 [月火水木金土日祝] 00:00~24:00
公園は24時間
子供動物園の開園時間・・・10:00~16:00 ※どうぶつひろばは季節により異なります。
バッテリーカー・・・土日祝祭日10:00~15:30
対象年齢
プレママ |0歳 |1歳 |2歳 |3歳 |4歳 |5歳 |6歳
料金
子供料金:0円
大人料金:0円
※バッテリーカーは有料・・・100円または200円/1回
駐車場料金:0円
駐車場無料 400台


※園内には2か所に自動販売機とアイスの販売機があります。
こだわり
初投稿者 ママこえ会員 (1)

スポットのキーワード

  • 大崎公園
  • さいたま市緑区
  • 埼玉県
  • 公園
  • おでかけ

最近見たスポット

大崎公園 埼玉県 さいたま市緑区
8件の口コミ
  • 0-2歳 4.9
  • 3-5歳 4.8
  • 6歳~ 3.6

埼玉県さいたま市にある大崎公園のおでかけ情報をご紹介。
EPARKママこえでは、子供から大人まで楽しめるスポットをご紹介しています。