ママの口コミを集めたおでかけ情報サイト「EPARKママこえ」

EPARKママこえは、ママの「 見っけ!」を集めたおでかけ口コミサイトです。

  4.5
0-2歳  4.5
3-5歳  4.6
6歳~  4.3
2 1 1 1 S 2 B 2 1 4 1 4 1 4 1 1 3 2 9 1 1 1 9 1 1 3 1 1 2 h 7 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 2 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i h h 2

珍しい動物と自由に暮らす小さな動物の人情あふれる江戸川区の動物園

江戸川区自然動物園は、珍しい貴重な動物や子どもに人気の小動物が暮らしています。
絶滅危惧種オオアリクイ、国の特別天然記念物コウノトリといった貴重な動物が無料で見学でき、東京メトロ西葛西駅から徒歩15分の行船公園内にあります。レッサーパンダ、ペンギン、プレーリードック、リスザルといった子どもたちの大好きな動物とも距離も近く、小さな子どもや子連れママにちょうど良いサイズで、園内が回りやすく作られています。

どの動物園でも子どもたちには人気なのはふれあいコーナーですが、江戸川区自然動物園では色々な動物たちが自由に歩き回っているので、気づいたらとなりでヤギが干し草を食べていたり、シャモが突然羽ばたこうとしたり、何が起きるか予測できないようなワクワク感があります。江戸川区自然動物園では、決まったスペースで順番に抱っこをしたり、エサをあげたり、触れるタイプではないため、ちょっとしたスリルも味わえます!

そして、動物のお世話はもちろんのこと、訪れる子どもたちを楽しませることに一生懸命なスタッフがたくさんいる、とてもアットホームな動物園です。園内に掲示されたパネルやクイズ、飼育スタッフの配信する公式サイトのコンテンツにはワクワク感が溢れ、常にフレッシュな話題なので、行くたびに新しい楽しみや情報が待っています!


☆☆☆自由奔放な動物たちと過ごすドキドキワクワクの空間☆☆☆

江戸川区自然動物園の人気ふれあいコーナーは、入口正面にある円形スペースの中で行われます。木箱やゲージに入っているおとなしい小動物もいれば、スペース内を自由に歩きまわる鳥たちやヒツジ、ヤギもいて、開催中は子どもと動物がてんやわんやの賑わいを見せてくれます。
ウサギやモルモットに「かわいい!かわいい!」と大喜びの子ども、はじめてのふれあい体験に怖くて泣いてしまう子ども、いつの間にか背後にいたヒツジに驚いて悲鳴を上げる子ども、高々と鳴きだすウコッケイ、ものかげでずっと寝ているウサギ、そして、我が子のナイスショットを狙い、カメラ片手にドタバタ状態のママやパパ!
ゆったりモルモットを抱っこして癒されるふれあう場所というより、うろちょろしている動物たちの奔放さがドキドキワクワクをくれる場所で、あっという間に楽しい時間が過ぎてしまいます。

<ふれあいコーナー>
時間:午前 10:00~11:45 午後 13:15~15:00

※夏休み期間中は開催時間が変わりますので、施設にご確認ください。
※雨天中止です。また、天や気温で中止になる場合もあります。

♪ふれあえるなかまたち♪ ※()内は動物のなまえ
ウサギ、ジャンボウサギ(ふく)、フレミッシュジャイアント(まみ)
モルモット、トウキョウシャモ、ウコッケイ、チャボ、コールダック、ウズラ
ヤギ(ミルキー&しお)ミミナガヤギ(シナモン)、ヒツジ(もも&こまち&あかね)


☆☆☆聞いておどろく、貴重な動物たち☆☆☆

●絶滅危惧種オオアリクイ
江戸川自然動物園で展示されているのは、2010年に沖縄からやってきたアニモ(オス:8歳)です。
オオアリクイは中南米の密林やサバンナに生息していて、みみずのような細長い舌で木の中のアリを食べる、長い顔が特徴的な動物です。絶滅危惧種のため、国内ではわずか5園でしか飼育されておらず、関東で見られるのはここ江戸川自然動物園のみです。
そして、2017年4月にはオオアリクイの繁殖に取り組むため、愛知県の東山動物園からアイチ(メス:4歳)をお嫁さんとして迎えています。アニモは興味津々、アイチはちょっと素っ気ないという飼育係のお話もありますが、赤ちゃんが見られる日が楽しみですね!

●国の特別天然記念物コウノトリ
コウノトリといえば、赤ちゃんを運んでくる鳥として誰もが知っていて、お子さんもいつか「コウノトリは赤ちゃんを運んでくるの?」とたずねてくるかもしれませんね。
そんなほのぼのしたイメージのコウノトリですが、国内では一度野生種は絶滅し、国の天然記念物に定められています。2005年に兵庫県豊岡市で人工繁殖させた個体を野生に戻す試みが行われ、これを皮切りに、各地で放鳥が続けられ、現在は野生での繁殖も確認されています。それでもまだ野生で確認できるのは貴重な鳥なので、お子さんがコウノトリに興味を持ち始めたら本物を見におでかけしてみると良いでしょう!


☆☆☆とてもあったか動物園のスタッフさん☆☆☆

江戸川自然動物園では、園内のいたるところに興味をそそる豆知識や、アットホームな手書きの説明が掲示されています。子どもたちが食いつくような質問や、流行や笑いのポイントを取り入れた文章など、動物を楽しく学ばせるのが本当に上手でついつい大人も楽しんでしまいます。

公式サイトでは、「飼育日記」「こんなの撮れました」「動物園の仕事あれこれ」という3つのコンテンツがブログ形式で配信されています。「飼育日記」では、生まれた赤ちゃんの成長記録や季節の動物の行動の紹介、「こんなの撮れました」では、かわいい写真や動物の珍行動、「動物園の仕事あれこれ」では、飼育員さんや獣医さんのふだんは見えない舞台裏を紹介しています。
子どもにもわかりやすい内容で、かわいらしい写真とともに紹介されているので、動物園に行く前チェックするとより一層楽しめます。不思議なことに、「そうなの?!」「それはぜひ見てみたい!」と思うワクワク情報が多いので、行く予定がなくてもチェックしたくなる楽しいコンテンツなんです!

入場門の左手にある「行船公園サービスセンター」は、江戸川自然動物園の管理事務所を兼ねます。こちらはガラス扉のオープンな入り口なので、イベントの事や動物の事などなにか困ったことがあれば気軽に入りやすい管理事務所です。スタッフの方も親切に対応してくれて、こちらも動物園内と同じくアットホームな雰囲気です。


☆☆☆周辺施設のご紹介☆☆☆

江戸川区自然動物園は公園内にあるコンパクトな動物園なので、2時間もあれば回りきれてしまう広さです。少々寄り道というほど駅チカでもないので、動物園のある行船公園やその周辺の設備についてご紹介します!

<行船公園(ぎょうせんこうえん)>
石でできた大きなジャンボスライダー
夏はじゃぶじゃぶ池になる噴水
鉄棒や健康遊具
芝生が広がる桜広場
四季折々の花をたのしむ和風の平成庭園

<イオン西葛西>
江戸川区自然動物園の交差点向かいには大型ショッピングセンターがあります。
行船公園には週末になるとキッチンカーが来る事もありますが、レストランなどはありませんが、イオン西葛西1Fには広いフードコートがあるので、食事はこちらを利用するのもおすすめです。ピクニックを楽しめる季節は、食料品売り場で購入したものを公園で食べることもできます。

<宇喜田公園(うきたこうえん)>
行船公園に隣接する、平成14年に開園した新しく広い公園です。スポーツと花いっぱいの防災公園として整備され、テーマ別に設けられた広場がたくさんあります。
お子さん連れには、行船公園隣接区にある広い芝生のファミリー広場と、少し離れた場所にありますが遊具広場や草花広場でテントを広げてのんびり過ごす1日も良いでしょう!


♪0-2歳のお子さんのママへ♪
『動物園内に入ると(「わーい!ここはなに?!」)、正面にはにぎやかなふれあいコーナーがあり(「なんだ?みんな、たのしそうだぞ?」)、ふと左を見ると立ち尽くすにフンボルトペンギン(「あ!ぺんぎんさん!」)、視線をずらせば木の枝にぶらさがっているケナガクモザルが(「おや?あっちでなにかうごいたぞ!いってみよう!」)』・・・とでも言っているかのように、まだ言葉も話せない小さな子が指をさしながら歩いている姿が見られます。視界に自然と子どもの興味を引くものが入り込み、さえぎるものなくトコトコと歩いて行ける造りが、小さな子どもたちを魅了するポイントのようです。

♪3-5歳のお子さんのママへ♪
動物の名前がスラリと言えるようになると、次は動物の赤ちゃん、たべもの、ふん、たまごなど新しい事に興味津々の子どもたちです。江戸川区自然動物園の動物たちの前には、「動物クイズ、何を食べているのかな?」というパネルがかかっています。つまみを持ち上げると中にはその答え(写真やイラスト)が!動物たちのたべものを知り、どんな反応を見せてくれるでしょうか!?
そのほかにも、園内には大人も「へぇ~」となる豆知識や興味をそそる展示がたくさんあるので、あちこち探しながら回るのも楽しいですよ!

♪6歳以上のお子さんのママへ♪
江戸川区自然動物園では、ふれあいコーナーでは飽き足りない(!)という小学生以上のお子さん向けに、さらに動物に接近できるイベントや学びの場も用意しています。

●サマースクール(※江戸川区在住の小学3年生~6年生対象)
小学校3、4年生はふれあい小動物のお世話を、小学校5、6年生は野生動物のお世話をし、獣医さんのお話を聞いたり動物についてお勉強したりする毎年好評のイベントです。

●親子一日飼育体験教室(※江戸川区在住の小学1、2年生とその保護者対象)
小学校1、2年生とその保護者が、簡単な飼育作業やクイズ、獣医さんのお話を聞いて動物を知ってもらうイベントで、こちらは毎年秋に開催されています。

●もっとじっくり見てみよう!
こちらはホームページからダウンロードできるワークシートです。クイズ形式で楽しみながら、いつもとは違う視点で動物を観察することで、よりいっそう動物園を楽しんでもらおう!という教材です。
「かわいい♪」だけじゃない動物の楽しみ方ができそうです!


【ベビーカー入場可・ベビーカー貸し出し】
園内は全てバリアフリーになっています。道幅は狭いですが、ベビーカーや車いすでのすれ違いに支障はありません。入場門は階段になっていますが、右手がスロープになっています。展示の柵やゲージはベビーカーに乗ったお子さんや車いすからの視点でもしっかり見えるように造られています。
動物園で利用できる無料ベビーカーの貸し出し(先着順)も行っていますので、お子さんが疲れた時や眠そうな時は入場門の左手に置かれている貸出ベビーカーをご利用ください。

【オムツ交換室】
動物園内にトイレはありませんので、行船公園のトイレをご利用ください。南門前に一番近いトイレがありますが、オムツ交換台のついたトイレは、動物園の正面入場門の向かいの桜広場を抜けたところにあるトイレのみです。

【授乳スペース】
授乳室は行船公園サービスセンター内にありますので、事務所のスタッフにお声掛けください。

江戸川区自然動物園の口コミ

スポット基本情報

スポット名 江戸川区自然動物園 えどがわくしぜんどうぶつえん
ジャンル おでかけ、動物園
TEL
03-3680-0777(代表番号)
住所 東京都江戸川区北葛西3-2-1
 
交通手段

電車アクセス

東京メトロ東西線 / 西葛西駅 徒歩約15分 都営新宿線 / 船堀駅 徒歩約20分

車アクセス

首都高速湾岸線、葛西IC下車、より車で約13分
営業時間 [月火水木金] 10:00~16:30 [土日祝] 09:30~16:30
<休園日>
月曜日(祝日の場合はその翌日)、年末年始

※11月~2月は16時まで
対象年齢
プレママ |0歳 |1歳 |2歳 |3歳 |4歳 |5歳 |6歳 |7歳 |8歳 |9歳以上
料金
子供料金:0円
大人料金:0円
駐車場料金:200円
都立宇喜田公園有料駐車場(1時間あたり)をご利用ください。
こだわり
初投稿者 ママこえ会員 (1)

スポットのキーワード

  • 江戸川区自然動物園
  • 江戸川区
  • 東京都
  • 動物園
  • おでかけ
  • 2017summer

関連スポット

最近見たスポット

江戸川区自然動物園 東京都 江戸川区
10件の口コミ
  • 0-2歳 4.5
  • 3-5歳 4.6
  • 6歳~ 4.3

東京都東京23区にある江戸川区自然動物園のおでかけ情報をご紹介。
EPARKママこえでは、子供から大人まで楽しめるスポットをご紹介しています。