ママの口コミを集めたおでかけ情報サイト「EPARKママこえ」

EPARKママこえは、ママの「 見っけ!」を集めたおでかけ口コミサイトです。

  4.4
0-2歳  4.0
3-5歳  4.5
6歳~  4.6
5 1 1 S 2 B 2 1 1 3 1 3 1 3 3 9 2 5 2 B 2 5 1 1 5 5 9 4 2 1 h 7 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 5 h h 1

神秘に満ちた海の世界が広がります

沖縄美ら海水族館は、自然豊かな沖縄の海をそのまま展示するコンセプトのもと、「沖縄の海との出会い」をテーマに南西諸島・黒潮の海に生きる多種多様な水圏の生き物達との出会いの場を創出します。
また、時代のニーズを的確に捕らえ対応しながら、国民的及び国際的観光・リゾート地形成の重要な拠点として、沖縄の魅力的な自然を象徴する「海」をテーマとした集客性のある施設、特色を生かした質の高い水族館を目指しています。

熱帯地域の特徴をもつ沖縄の海は、沖合を流れる水温の高い海流(黒潮)の影響や恵まれた太陽光と沖縄の島々を挟む太平洋側の深海と大陸側の深海が常に澄んだ清らかな海水の影響により、多様な生物種を育み恵まれた環境とされ、沖縄美ら海水族館は、この海を再現・体験するために、(1)サンゴ礁、(2)黒潮の海、(3)深海の3つを大きなテーマとして、それぞれの特徴の生物を中心に、「見る」「聞く」「触れる」を重要なテーマと位置付け、沖縄の海を「楽しみながら学ぶ事のできる」展示を目指しています。


☆★エリアガイド☆★
沖縄美ら海水族館は4Fから始まり、3F水族館入口(コーラルロビー)から入館して2F、1Fへと海深くへと潜っていくような造りになっています。
各フロアには沖縄の海を象徴するテーマを設け、歩きながら沖縄の海の素晴らしさ、大切さを体験できます。

4F
【大海への誘い】~出会いと発見の旅へ~
南国のまばゆい光と、エメラルド色の海がみなさまをお待ちしております。
出会いと発見の旅はここから始まります。

☆モニュメント
沖縄美ら海水族館の入口でジンベエザメのモニュメントがお待ちしています。モニュメントの前、またはその後ろにある「沖縄美ら海水族館」の文字看板の前で記念撮影をどうぞ。
☆海人門(ウミンチュゲート)
モニュメントを通り過ぎると海人門(ウミンチュゲート)が迎えてくれます。ウミンチュとは沖縄の言葉で「漁師」という意味です。沖縄のエメラルドグリーンの海と伊江島を望む景色と空間をお楽しみ下さい。海人門からエスカレーターを降りて3F右手が沖縄美ら海水族館入口です。
☆「サンゴの海」水槽をプレ体験
水族館の「サンゴの海」と「熱帯魚の海」水槽を真上から見ることができます。天然の陽光に照らされた、色鮮やかなサンゴや熱帯魚がきらめく姿を楽しむことができます。
☆レストラン「イノー」
東シナ海を一望できるオーシャンビューのレストランで、沖縄の食材を生かしたランチバイキングを楽しめます。
沖縄の食材を生かしたランチバイキングが楽しめます。
水族館の4Fにあり、水族館へ入館せずにご利用いただけます。時間帯によってメニューが異なります。

3F
【サンゴ礁への旅】~生命(いのち)あふれる彩りの世界~
美ら海のサンゴ礁の周辺にすむ生き物を見て触れて体験するエリアです。
沖縄の淡水域にすむ生き物もここでご覧になれます。

☆イノーの生き物たち
「イノー」とは、沖縄の方言でサンゴ礁に囲まれた浅い海(礁池:しょうち)のことです。
ここでは、ヒトデやナマコなど、イノーにすむ生き物に実際に触れることができます。どれも安全な生き物なので、そっと触ってみましょう。
☆サンゴの海
「サンゴの海」水槽は屋根がなく、沖縄の強烈な日差しを直接取り込む構造です。
そして、沖縄美ら海水族館の目の前の海から、絶えず新鮮な海水を供給するオープンシステムを採用することで、サンゴの大規模飼育を可能にしました。約70種800群体の造礁サンゴは圧巻です。
☆熱帯魚の海
強烈な光の差し込む浅い岩場から、美しい砂地、そして薄暗い洞窟まで、沖縄周辺に広がるサンゴ礁の海を再現。
そこに生きる熱帯魚たちを自然に近い状態で飼育しています。
☆サンゴの部屋
アンボイナやナンヨウハギなど、サンゴ礁に生息する危険な生き物を、模型や実物を対比させながらわかりやすく解説するコーナーです。
また、サンゴ礁の成り立ちについて解説したビデオプログラムもあります。
☆サンゴ礁への旅 個水槽
サンゴ礁に生息する様々な生き物を大小30点の個水槽で紹介しています。
マングローブ林を再現した水槽やイセエビ類を集めた水槽、「サンゴ礁の小さな生き物」のミニ水槽コーナーなど見所がいっぱいです。ゆっくりと観察してください。
☆水辺の生き物たち
沖縄の淡水域に生息する生き物を集めた展示エリアです。
沖縄の河川は勾配がけわしく、滝が多く見られます。また、河口域にはマングローブ林が密生します。
このように本土では見られない特徴を持つ沖縄の淡水域を、沖縄特有の生き物を中心に展示しています。

2F
【黒潮への旅】~回遊魚たちのダイナミックな世界へ~
沖縄美ら海水族館のメインスポット「黒潮の海」をはじめ、 サメの生態が詳しくわかる「サメ博士の部屋」など、見逃せないスポットをご紹介。

☆美ら海シアター
沿岸から外洋まで、沖縄の美ら海(美しい海)にすむさまざまな生き物たちの生態や、沖縄の人々と海との関わりを、ハイビジョン映像で紹介しています。
☆サメ博士の部屋 危険ザメの海
サメを、すぐに人を襲う恐ろしい生き物だと思っていませんか? サメ類は、意外にも少食で、何もしない人間を攻撃するのは、ほんの数種類の危険ザメだけです。
☆黒潮の海
正面の巨大アクリルパネルを始め、「アクアルーム」など多方向から観覧できる容量7500リッポウメートルの大水槽です。
大水槽を正面から眺めることのできる専用のシートもあります。
☆黒潮探検(水上観覧コース)
「黒潮の海」大水槽を水面から自由に観覧できる人気のコース「黒潮探検」です。
スタッフによる解説も行われています。
☆アクアルーム
「アクアルーム」の天井はアクリルパネルなので、下から上を眺める感じで見学ができます。
まるで、海の中の特等席。
☆カフェ「オーシャンブルー」
ジンベエザメやナンヨウマンタなどの魚たちが悠々と泳ぐ「黒潮の海」大水槽を眺めながら、くつろぎのひとときをお過ごしください。
ナポリタン、タコライスなどの軽食や、各種ドリンク、アイスクリームやケーキなどのデザートがあります。水族館内の1Fにあります。

1F
【深海への旅】~沖縄の深海をここに再現~
まだまだ謎に包まれた深海。
世界の海洋はその大部分が水深200mを超える深海で占められています。
その神秘に満ちた世界を再現しました。
これまで紹介されることの少なかった深海の多様な生き物たち約70種を、ガラス越しにゆっくりとご覧いただけます。
海深く潜むドキドキの探検に、出発しましょう。

☆深海への旅 個水槽
沖縄美ら海水族館の深海生物は、そのほとんどが沖縄周辺の水深200m以深から採取された、貴重なものばかりです。
☆深海の小さな生き物
深海にはさまざまな小型生物が見られます。
深海生物には少ない餌をより効率的に摂取するさまざまな仕組みがあります。
☆深層の海
水深200m以深の深海の世界。
飼育が困難なナガタチカマスやハマダイなど、珍しい生き物たちに出会えます。
☆海のプラネタリウム
チカチカとホタルのように光る魚や、紫外線を反射して美しく光るサンゴなど、まるで海中の星のような生き物たちを観察することができます。
☆わくわくアクアラボ
ここは沖縄美ら海水族館のレクチャーコーナー。
海の生き物についてより深く学べる場所です。
☆深海マップ
まだまだ謎に包まれた深海。その神秘に満ちた世界を再現しました。
海深く潜むドキドキの探検に、さぁ、出発です!
☆出口付近
出口案内所スタッフより手に再入館スタンプを押してもらってください。出口から再入館することもできます。また、記念スタンプや記念メダル、限定フィギュアもあります。


---------------------------------------------------------------------------

【施設情報】
☆ベビーカーの無料貸し出し☆
海洋博公園内の各ゲートや各施設では、無料でベビーカーの貸し出しを行なっております。
水族館内はスロープが完備されておりますので、ベビーカーでも移動することができます。
小さなお子様をお連れの方は、是非ご利用ください。

「貸し出し場所」
・水族館案内所
・中央ゲート案内所
・総合案内所(ハイサイプラザ)
・熱帯ドリームセンター
・北ゲート警備ボックス
・南ゲート警備ボックス

※予約は受け付けておりませんので、当日、スタッフにお申し付けください。
※台数に限りがありますので、先着順とさせていただきます。


☆ベビーシート設置のトイレ☆
水族館のトイレ(男性用、女性用)には、ベビーシート(おむつ替え台)が設置してあります(一部、設置されていない場所もあります)。


☆授乳室☆
水族館入口(3階)と美ら海シアター前(2階)の2か所に授乳室が設けてあります。
室内には、ソファと粉ミルクを調合するのに便利な給湯器が備わっています。
ここでは、人目を気にせずに乳幼児のお世話をすることができます。

※粉ミルクの備えはございませんので、ご自身でご用意ください。


☆紙おむつ販売☆
紙おむつは、水族館のショップ「ブルーマンタ」にて販売しております。購入希望の方は、レジにてお申し付けください。
販売はLサイズのみです。
Lサイズ:9kg~14kgのお子様対応(商品メーカーは変更になる場合があります)。

沖縄美ら海水族館の口コミ

スポット基本情報

スポット名 沖縄美ら海水族館 おきなわちゅらうみすいぞくかん
ジャンル おでかけ、水族館
TEL
0980-48-3748(代表番号)
住所 〒905-0206 沖縄県国頭郡本部町字石川424
 
交通手段

車アクセス

【お車でお越しの方】
カーナビをお使いの方は、「沖縄美ら海水族館」では検索できない機種があります。その場合は「海洋博記念公園」または「海洋博公園」で検索してください。
【バスをご利用の場合】
所要時間:那覇空港から約2時間20分〜約3時間半

那覇空港から海洋博公園へバスで行く場合は以下の2つのルートとなります。
(1)高速バス・一般路線バス利用時は、名護バスターミナルで乗り換えが必要となります。
(2)やんばる急行バス利用時は、那覇空港より乗り換えなしで、行くことができます。
※路線バス・やんばる急行バスとも「記念公園前」で下車となります。
【一般タクシーをご利用の場合】
一般タクシーを利用した場合:那覇空港から約2時間

※帰りのタクシーについて
中央ゲート前のタクシー乗り場をご利用下さい。
営業時間 [月火水木金土日祝] 08:30~18:30
通常期:10月~2月 8:30~18:30(入館締切17:30)
夏期:3月~9月  8:30~20:00(入館締切19:00)

休園日 12月の第1水曜日とその翌日(木曜日) 海洋博公園の全ゲートが閉まり、公園内に入園できません。


※上記以外の日(年末・年始等)は通常通り開館しております(台風等による臨時休館を除く)。
※沖縄美ら海水族館では、「安全に、快適に、清潔に」みなさまをお迎えするため、休園日に各施設の設備点検作業等を実施いたします。
ご理解のほど、よろしくお願いいたします。
対象年齢
プレママ |0歳 |1歳 |2歳 |3歳 |4歳 |5歳 |6歳 |7歳 |8歳 |9歳以上
料金
☆8:30~16:00(通常料金)☆
大人:一般1,850円  団体<20名以上>1,480円
中人(高校生):一般1,230円  団体<20名以上>980円
小人(小・中学生):一般610円   団体<20名以上>490円
6歳未満:無料

☆16時~入館締切(4時からチケット)☆
大人:一般1,290円
中人(高校生):一般860円
小人(小・中学生):一般430円
6歳未満:一般無料

☆年間パスポート☆
大人:3,700円
中人(高校生):2,460円
小人(小・中学生):1,220円
6歳未満:無料


※身体障がい者手帳、療育手帳ならびに精神障がい者保健福祉手帳の交付を受けている方は無料です(水族館券売所にて手帳をご提示ください)。また上記の手帳をお持ちの方に付き添いでご入館される方も、1名様まで無料で入館できます(手帳の等級は問いません)。

※水族館の園外販売券(前売券)は、沖縄県内のコンビニエンスストア、道の駅等で販売しております。

※旅行クーポン券、園外販売券等をすでにお持ちの方で16:00以降に入館される場合は、水族館券売所において差額をお返しし、「4時からチケット」と交換いたします(旅行クーポン券は、一部返金できないものもあります。再入館は返金対象外)。

※水族館券売所にて入館券をご購入の際、身分証(免許証・学生証等)のご提示をお願いする場合がございます。
海洋博公園の駐車場は全て無料です。
駐車場は北ゲート駐車場が便利です
沖縄美ら海水族館の最寄りの駐車場は北ゲート駐車場(P7立体駐車場)です。
「P7(水族館駐車場)」の看板が目印です。
こだわり
初投稿者 マンゴー (116)

スポットのキーワード

  • 沖縄美ら海水族館
  • 国頭郡
  • 沖縄県
  • 水族館
  • おでかけ

最近見たスポット

沖縄美ら海水族館 沖縄県 国頭郡
30件の口コミ
  • 0-2歳 4.0
  • 3-5歳 4.5
  • 6歳~ 4.6

沖縄県国頭郡にある沖縄美ら海水族館のおでかけ情報をご紹介。
EPARKママこえでは、子供から大人まで楽しめるスポットをご紹介しています。