ママの口コミを集めたおでかけ情報サイト「EPARKママこえ」

EPARKママこえは、ママの「 見っけ!」を集めたおでかけ口コミサイトです。

ようこそ、世界一周の動物旅行へ

☆☆☆☆☆編集部より☆☆☆☆☆

よこはま動物園ズーラシアは『世界一周の動物旅行』が体験できる広大な動物園です!現在は8つのエリア(アジアの熱帯林・亜寒帯の森・オセアニアの草原・中央アジアの高地・日本の山里・アマゾンの密林・アフリカの熱帯雨林・アフリカのサバンナ)に分かれていて、それぞれのゾーンで動物たちのふるさとを再現しています♪
園内には休憩箇所やおむつ交換台、授乳室に給湯設備、レンタルベビーカーや園内バス等、パパママに安心な設備を完備しているので広大な園内も楽々です♪
さらに子どもたちに大人気の小動物とふれあえる『ぱかぱか広場』や、アスレチックがたくさんある『わくわく広場』もあって、親子で一日中楽しく遊べます☆

【編集部情報①】
夏の暑い日は、水浴びをするゾウが見られるかもしれません♪
子どもたちに大人気のゾウさんを見に行ったら是非、とっておきタイムで飼育員さんのお話も聞いてみよう!ゾウさんは“実はつま先立ち”や“実はあまり臭くないウンチ”など子どもたちが知らない秘密を教えちゃいます♪

【編集部情報②】
ズーラシアでは“生息環境を再現”していて、特にアフリカの草原を雄大に走るキリンは子どもたちに見せてあげたいですね♪ここは日本初の草食・肉食動物『四種混合展示』なのでシマウマと一緒にいるチーターが見れたりと、親子でアフリカ、サバンナ旅行の体験ができちゃいます!


☆★☆動物とのふれあい広場☆★☆

『ぱかぱか広場』
ぱかぱか広場では、日本在来馬である木曽馬1頭を含むポニー4頭を飼育しており、エサやり体験やひき馬体験などのイベントを実施しています。また、広場内の「モルモット・ネズミのおうち」ではモルモットやパンダマウスとふれあうことができ、小さなお子さまに人気です。

『ラクダライド』
体重80㎏以下、身長100㎝以上、年齢5歳以上であれば、ラクダに乗ることができます(有料)。ライド中に飼育員からラクダの説明を聞いたり、コブにふれたりと貴重な体験ができます。全国でも珍しいラクダライドにぜひ挑戦してみましょう!

『ピグミーゴートとのふれあい』
小型のヤギであるピグミーゴートたちとふれあうことができます。小柄で温和な性格ですから、安心してふれあってください。ズーラシアには食いしん坊なヤギやお昼寝が大好きなヤギ、ジャンプが得意なヤギなど、個性豊かなヤギたちが皆さんの来園をお待ちしています。

☆☆☆☆☆よこはま動物園ズーラシアより☆☆☆☆☆

~園内の見どころ~

『わんぱくの森』
「ぱかぱか広場」では、ポニーへの餌やりやひき馬(乗馬)体験、かわいらしいモルモットやパンダマウスとのふれあいが小さなお子様に人気です。また、四季折々の草花や野鳥が楽しめる「自然体験林」もおすすめです。
「ころころ広場」と「ころこロッジ」では、ピクニック気分でお弁当が食べられます。

『アジアの熱帯林』
多様な生きものの宝庫である熱帯雨林。生い茂る緑の中から、突き抜けるようにのびる樹木を再現しています。
インドゾウから始まり、ボルネオオランウータン、スマトラトラなどアジアに生息する数々の希少種が皆さんをお迎えします。

『亜寒帯の森』
針葉樹林が続くエリアに、山岳地帯や夏の北極を模した展示場が現れます。
急な岩場を移動するゴールデンターキンや、ガラス越しのホッキョクグマの泳ぎなど、動物たちの生き生きした姿も見どころのエリアです。

『オセアニアの草原』
乾季と雨季を繰り返すことで生まれる独特の景観をもつこの地域は、大きな岩場や背が高く生命力の強いユーカリがシンボルです。
マイペースなアカカンガルーたちをみながら「オージーヒルグリルレストラン」でお食事はいかがでしょうか。

『中央アジアの高地』
ロシアと中国とモンゴルが大部分を占める中央アジアでは世界的にも珍しい動物たちの生息地です。
日本ではここでしか飼育していないモウコノロバやテングザルなどに会うことができます。

『日本の山里』
人間が手を加えた山林を「山里」と言います。日本の生物多様性は世界でも有数で、その一角を担う存在でもあります。 古くから日本人に親しまれてきたホンドタヌキ、ニホンザルや、日本固有種であるツシマヤマネコが暮らしています。

『アマゾンの密林』
大陸を横切るアマゾン川と、その交流域の広大な森は、地を這う根や沼地を生み出します。 ジャングル内を駆け回るヤブイヌや、木漏れ日に紛れるオセロット、南米大陸唯一のクマであるメガネグマなど、環境に合わせて進化した動物が生息しています。
オカピすべり台のある「わくわく広場」もお子様に大人気です。

『アフリカの熱帯雨林』
アフリカ大陸中央部を流れるコンゴ川流域を再現したエリアには、オカピをはじめ生息域に適した姿をもつ動物たちが暮らしています。 探検隊のキャンプ跡やチンパンジーの自然保護区域など、研究者の足跡をたどる気分を味わうことができます。

『アフリカのサバンナ』
サバンナの代表的な景観である大草原をはじめ、疎林や湿地帯及び岩場や草原の周辺環境も再現。肉食動物・草食動物の混合展示で動物たちの社会性を観察することができます。 ラクダやピグミーゴートのふれあいやバードショーなど、動物たちを身近に感じることもできるエリアです。

――――――――――――――――――――――――――――――
☆多目的トイレの場所☆
・正門入口
・バク展示場横
・キジ展示場横
・ペンギン展示場横
・オージーヒルグリルレストラン
・オージーヒルグリルレストラン外トイレ
・わくわく広場
・アマゾンセンター
・ジャングルキャンプ
・ぱかぱか広場先
・ころころ広場
・ころこロッジ
・みんなのはらっぱ
・アクアテラス
・正門駐車場南・北
・鳥類館横
・北門駐車場
・北門ゲート

☆ベビーシートの場所☆
・アクアテラス
・キジ展示場横
・ペンギン展示場横
・わくわく広場
・ジャングルキャンプ
・ころころ広場
・みんなのはらっぱ

☆ベビーチェアの場所☆
・正門入口
・バク展示場横
・キジ展示場横
・ペンギン展示場横
・オージーヒルグリルレストラン
・オージーヒルグリルレストラン外トイレ
・わくわく広場
・アマゾンセンター
・ジャングルキャンプ
・ぱかぱか広場先
・ころころ広場
・ころこロッジ
・みんなのはらっぱ
・アクアテラス
・正門駐車場南・北
・鳥類館横
・北門駐車場
・北門ゲート

☆授乳室の場所☆
・全4ヶ所(正門入口、アマゾンセンター、ころこロッジ、北門ゲート)

よこはま動物園ズーラシアの口コミ

スポット基本情報

スポット名 よこはま動物園ズーラシア よこはまどうぶつえんずーらしあ
ジャンル おでかけ、動物園
TEL
045-959-1000(代表番号)
住所 〒241-0001 神奈川県横浜市旭区上白根町1175-1
 
交通手段

電車アクセス

相鉄線 / 鶴ヶ峰駅 北口出口よりバス約15分 相鉄線 / 三ツ境駅 北口出口よりバス約15分 JR横浜線・横浜市営地下鉄 / 中山駅 南口出口よりバス約15分

車アクセス

【車でお越しの場合】
☆首都高速「葛西JCT」から約50分(52km)
☆東名高速「横浜町田I.C.」から約15分(6km)
☆保土ヶ谷バイパス「下川井I.C.」から約5分(2km)
☆第三京浜「港北I.C」から約20分(7km)
【横浜駅からバスをご利用の場合】
☆JR東海道線、JR横須賀線、JR京浜東北線、京浜急行線、東急東横線、みなとみらい線、相鉄線、横浜市営地下鉄線「横浜」駅下車、「よこはま動物園行き」のバスで約1時間(便数が少ないので、ご注意下さい。)
営業時間 [月水木金土日祝] 09:30~16:30
※入園は16時まで

【休園日】
毎週火曜日(祝日の場合は翌日休園)、12/29~1/1

【臨時開園日】
※5月・10月は無休
対象年齢
プレママ |0歳 |1歳 |2歳 |3歳 |4歳 |5歳 |6歳 |7歳 |8歳 |9歳以上
料金
【入園料】

☆小学生未満:無料

☆小中学生:200円

☆高校生:300円

☆大人(18歳以上):800円

※毎週土曜日は小・中・高校生無料(要学生証等)

※ベビーカーレンタル 500円
※紙おむつ販売有り

―――――――――――――――――――――――――
★『よこはま動物園・金沢動物園共通年間パスポート』について★

【販売価格・有効期間】18歳以上 2,000円/購入日から1年間
【入園できる動物園】よこはま動物園ズーラシア・金沢動物園
【販売場所】よこはま動物園ズーラシア 正門総合案内所・北門案内所、金沢動物園 入園口
【使用できる交通系ICカード】PASMO・Suica等
※登録するご本人の交通系ICカードをご持参ください。
※交通系ICカード本体の販売は行っていません。
※交通系ICカードをお持ちでない方には「紙製パスポート」を販売します。
―――――――――――――――――――――――――

【駐車場料金】 1,000円/1台/1日
【収容台数】 2,200台
【ご利用可能時間】 開園1時間前~閉園1時間後 ※入場は閉園30分前まで

―――――――――――――――――――――――――

【園内バス(10-15分毎)オカピ型バス「ズッピ」/サバンナ号】

~1回乗車券~
☆大人(中学生以上) 200円
☆小学生 100円

~1DAYパス(乗り放題)~
☆大人(中学生以上) 400円
☆小学生 200円

※小学生未満は無料です。
※障がい者手帳をお持ちの方と付き添いの方2名まで無料です。
※1DAYパスは販売していない日もあります。
こだわり
※このスポットは公式情報として登録されているため、ユーザーの皆様は編集することができません。スポット情報に誤りを発見された場合には、ご連絡をお願いいたします。お問い合わせフォーム

スポットのキーワード

  • よこはま動物園ズーラシア
  • 横浜市旭区
  • 神奈川県
  • 動物園
  • おでかけ
  • カピバラ
  • ヘビ
  • トラ
  • カワウソ
  • 2017summer

よこはま動物園ズーラシアからのお知らせ

秋のふれあい動物園「わんにゃん大集合!」

2017/09/11

よこはま動物園ズーラシアでは、毎年大好評の「秋のふれあい動物園」を今年も開催します。 今年はイヌ・ネコとのふれあいの他...

ズーラシアでラクダに乗ろう♪

2017/03/31

【ラクダライド】¥500- ●10:00~11:00 定員25名 ●12:30~13:30 定員25名 ●15:00~...

ズーラシア☆毎週土曜日は高校生以下が入園無料!(要学生証等)

2017/03/24

ズーラシアは毎週土曜日、高校生以下が入園無料です☆ぜひ、ご家族お友達みんな誘って遊びに行こう!

最近見たスポット

よこはま動物園ズーラシア 神奈川県 横浜市旭区
96件の口コミ
  • 0-2歳 4.1
  • 3-5歳 4.8
  • 6歳~ 4.8

神奈川県横浜市にあるよこはま動物園ズーラシアのおでかけ情報をご紹介。
EPARKママこえでは、子供から大人まで楽しめるスポットをご紹介しています。